<< 行為即報い | main | ジローのワンダー大冒険 ヨーロッパ編 (1)  >>

言の葉ポエム 「 旅 」 


        言の葉ポエム 

         

         「 旅 」


  
     【PDF形式】
 & スマートフォン用

 
 

著者  中村 慈呂宇  なかむら じろう 


でじたる書房: 価格: ¥609_



2005年、1月、著者は、母の死と、突然の火事を、連続して遭遇してしまいました。その火事によって、多くのものを失ってしまいました。その時、自分の心を回復する為に、記憶を頼りに書き始めたものが、「言の葉ポエム」です。「言の葉ポエム 旅 」は、著者が、ポエムを書き始めた頃の作品です。その意味において、著者の原点ともいえるものです。


「言の葉ポエム 旅 」は、「我、いずこへや向かわん」、「生命の勝利」、「生命の樹」、「宇宙試練」、「愛と赦し」という5つの流れから成っています。それぞれが、一見すると、全く別のように見えますが、実は、そこには全てに共通して流れている“一つ”を表現しているのです。



「我、いずこへや向かわん」では、広い大海原と大宇宙の中で、私達は、一体何を目印として、この人生を進んで行ったら良いのか、ということが描かれています。



「生命の勝利」では、この世界は、多くのことが、物の世界を基準に考えられています。しかし、生命という“目に見えない世界”では、たとえ、物が滅び、失われた後でも、依然として、そこに存在している“物以前の存在”について述べられています。



「生命の樹」では、光と闇について描かれています。一般的には、闇という存在は、光に対する二元対立的なものであり、否定的なものとして受け止められています。しかし、ここでは、光と闇は一枚の紙の表裏の関係であり、一元的なものとして描かれています。



「宇宙試練」では、私達が生きていく際に生じて来る、様々な予想外の出来事や、想定外の危機に対して、自分達の智慧を出しながら、一つ一つ、問題解決していくことを表現しました。



「愛と赦し」では、問題を解決していく時に、私達が通らなければならない最後のプロセスを表現しました。これが人間完成に必要な大試練です。このプロセスを無事にクリアーした人は、光輝く栄光に至り、神に祝福されるでしょう。

 

at 20:33, 中村 慈呂宇, 全一総合研究所 お知らせ

-, -, - -

スポンサーサイト

at 20:33, スポンサードリンク, -

-, -, - -